2005年04月01日

ステップ2.等式を教える

ステップ2. ドッツカードを使って等式を教えます。
まずは、足し算から。
ステップ1で20まで教えたら、そろそろこのステップに入っても良い頃です
教え終わった数字を使って足し算を作り、カードを準備します。
例えば、3+7=10の場合、3と7と10のドッツカードを用意する。
これを、「3たす7は10」と言って、さっさっさっと見せる。
この動作は、すばやく行う。※のろのろやっていると赤ちゃんは飽きる。
これを1回3式×1日3回。合計9題づつ見せる。
すべての計算パターンを網羅的にやらなくても大丈夫。
赤ちゃんは自分で足し算の法則性に気がつきます。
※純正品を購入した場合、計算式は、ドッツカードの裏に例題が書いてあります。

「赤ちゃんに算数をどう教えるか」
ドーマン博士のドッツカード


Posted by jemmy_kako_ryouya at 01:31│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jemmy_kako_ryouya/19749879